【感想】PUBGが楽しめる人と楽しめない人のたった1つの違い

PUBG

 

突然ですが、PUBGは楽しめる人と楽しめない人がハッキリ別れるゲームだと思います。

 

PUBGは今まではPC版のみプレイできましたが、今では「PUBG Mobile」がリリースされスマホでもPUBGができるようになりました。

「PUBG Mobile」は短期間のうちに100以上の国や地域でダウンロード数1位を獲得するほどの大人気ゲームに。

そんな大人気ゲームの「PUBG」はどんな人なら楽しめるの?ほんとに面白いの?と疑問になるはずです。

PC版とモバイル版の両方を経験した僕のストレートな感想を伝えられたらなと思い記事にしました。

 

PUBGってどんなゲーム?

 

そもそも「PUBG」は略称で正式には「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」と言います。

韓国で作られ2017年に初リリースしました。

ルールを知らなきゃ楽しめるかどうか分からないので、簡単に解説しますね。

 

100人が争うバトルロイヤルゲーム

 

100人の参加プレイヤーはとある孤島に降ろされ、最後の1人になるまで戦います。

民家に入ると、不思議なことにライフルや手榴弾が落ちています。

そして、見事最後の1人になることができると夕食に「ドン勝」を食べることができます。

 

チームを組んでプレイすることもできます

チームを組むと、1人プレイとは違って戦術の幅も広がります。

1人プレイではやられたら終了ですが、チーム戦だと「気絶」という状態になり、気絶中の間に味方に蘇生してもらうと生き返ることができます。

MEMO

・1人プレイの場合

やられる→死亡

・チーム戦の場合

やられる→気絶状態→蘇生→復活

チーム戦の場合は気絶中の敵をさらに倒さないとキルにはなりません。

ですので、僕のように1回やられたら終わりというのが苦手な人はチームを組むと良いですね。

 

TPSモードとFPSモードがある

 

自分に合ったモードでプレイすることができます。

MEMO

・TPS=3人称視点のこと

・FPS=1人称視点のこと

TPSモードとFPSモードでは戦い方や立ち回りが異なります。

正直、別ゲーです。

今までにFPSの経験がある方はFPSモードをおすすめします。

僕もFPSをやっていたので、TPSモードよりもFPSモードでプレイした方が戦いやすかったですし、面白かったですね。

 

オシャレができる

 

PUBGは、見た目も変えることができます。

そのバリエーションも豊かで、会社員のような格好やジャージ姿で戦場に出ることもできます。

 

PUBGを楽しい人と楽しくない人の違いは、、、

 

ここまでPUBGの基本的な情報を解説したので、PUBGについてなんとなく理解できたかと思います。

それでは、本題のPUBGが楽しめる人と楽しめない人の違いをハッキリ言います。

楽しめる人と楽しめない人の違いは、1回死んだら終わりというルールが好きかどうかです。

バトルロイヤルは苦手な人はとことん苦手だと思います。今までのFPSは何回でも生き返るシステムが多いので、慣れてない方や苦手な方が多いと感じました。

逆に「1回しか死ねないから競技性が高まり、面白い」と言ってた友達もいます。

たしかに今までのゲームにはない緊張感があり、最後の2人になったときの緊張感は半端ないです、、、

苦手な人はチームを組もう

1回しか死ねないとか面白くない、、、と感じた方はチーム戦でプレイすれば解決できます。

チームを組むと、やられても気絶状態になるため即終了にはなりません。野良と組んでも協調性があるプレイヤーが多いので大丈夫です。(一部自分勝手なプレイヤーもいますが、野良なのでそこは割り切りましょう。)

僕自身、ソロは苦手だったので常にチームを組んでプレイしています。

 

最後に

 

以上、PUBGについて解説しました。
 

PCを持っていない方で「PUBG Mobile」をやってみようと悩んでいる方は、是非プレイすることをオススメします。

 

また、慣れていない方や初心者向けの解説もありますので、そちらを参考にしていただければなと思います。

PUBG非公開: PUBG初心者向けの練習方法や意識することを解説!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!